みさごさんサブスリーさんとパーティーを組んで、山スキーに挑戦!という話もあり、今からワクワクしています。自分も含め、経験値がまだ足りないパーティですので、常に謙虚に、安全第一で挑戦できたらいいなと思います。

 どかんと雪が降りました。激ラッセルの予感です。

 さて何処へ行こうか。気圧配置を注視していましたが、冬型で風も強そう、視界も悪そうです。

 どか雪と、冬型となると、雪崩が心配です。林道も稜線も危なそうなので、低山で我慢するしかありませんでした。

 サクッと朝練習して、スーパーファットの感覚を取り戻す意味で、オープン前の一里野スキー場で遊ぶことにしました。

 駐車場に車を停め、営業前のゲレンデを出発。

 ラッセルマシン、ヘルベントさま出動であります。

 先行者はスノーボーダー、スノーシューで必死ラッセル中でした。ドンマイです。

 一瞬で追い付き、追い越しました。トレース使っていいよ。尾根をガンガン登ります。猛ラッセルにワクワクしてしまいます。病気です。あっと言う間にゴンドラ降り場、ぬる過ぎました。

 さて、ゴンドラ降り場裏のピーク1045から先も登山道は続いております。今日はしかり場までのGPSトラックは準備してあります。

 はて?バッサバサの薮で、到底この先は行けそうにありませんでした。もう少し時期が遅くないとダメです。不完全燃焼ではありますが、ここでシール歩行は終了とします。

今日も不気味なヘルベントさまであります。

 あまりにも速攻で着いてしまったため、飲み食いは一切なしだったので、先日、好日山荘で購入したサーモスボトルで一息です。


 あったかいお茶が、随分うまいのです。


 完走して喉が痛かったので、染み渡りました。

 ちっぽけな幸せを感じました。

 こんな山行ですので、情報提供くらいしなければと思い、

折角なので、積雪の報告をします。

 ゾンデ棒で調査した結果、

積雪130cmでした。ほぼ全層が新雪並にふかふかでした。

①雪を落とす。

プラスチックの板(100均)を使って、シールの雪をはらいます。

 シールのテール部分は貼り流しです。

②テールから剥がす

 シールのテール部分をプラ板で剥がします。これを持ってゆっくりシールを剥がして行きます。

③シールを剥がす

 シール面が濡れない様に、丁寧に、BD製占用シートに貼付けながら剥がし、濡れない様に袋に収納します。

 シールを剥がしたら、滑降開始です。フッカフカのパウダー、浮きます浮きます。

 しばらく滑ると、ボーダー5人パーティが登って来ました。この斜面を滑りたいらしいので、ファーストトラックは譲り、自分は狭いコースへ移動します。こっちの方が面白そうなのは明白です。

 一気に浮き浮きしながら、滑りました。これです、スーーーパーーーー・・・ファット!!

 それなりに、面白かったです。次回はもう少し、距離を伸ばさないと。。。謙虚に行きます。

 

 話は変わり、みさごさんの山スキーデビューが間近です。楽しみです。

 自分もまだまだ素人ではありますが、クライミングスキンについて、Y先生や魔人さん達に勉強させてもらったことを、私なりの解釈で、書いてみました。山行までに。

(本来、スーパーファットのクライミングスキンはG3が主流らしいです。自分はBD(BlackDiamond)を使っていますが、G3の方が軽量です。詳しくはY先生のHPへ。