2018.12.2高尾山

東京に赴任してきて行って見たかった場所の1つ、高尾山に家族で行ってきました。

息子はまだヨチヨチ歩きなので、背負って登ります。高尾山駅に登山口が隣接しており、さらにケーブルカーやリフトがあって、高尾山は登山する山というよりは観光地。

それでも山は可能な限り自力で登りたいので、6号路から歩いて登ります。終始渋滞で2時間もかかって登頂。妻も頑張りました。

標柱で写真を撮るのにも大行列。これは諦めました。なんで賑やかな山なんだろう。

帰り道は混雑を避けて3号路+1号路を使いました。3号は比較的静かな山歩きができました。背中のキャリアの重心がなんかおかしいな?と思って振り返ると息子は変な体勢で寝ていました。眠かったんだね、ごめんね。

モンベルのキャリアは、子どもを肩と脇腹をハーネスで支えられる設計になっている。首を支えるネックピローも付いている。しかし初めて使ったため調節がちゃんと出来てなくてひもが緩んでいたようで、息子が右斜めになって寝ていたのでした。汗

ちゃんとひもの長さ調節しよう。

動物園に行って見ましたが、息子は動物に全然興味がないようで。落ち葉に興味津々。動物はまだよく分からないか。唯一興味あったのは恐竜のコーナー。

この後新幹線で妻と息子は金沢に帰って行ったが・・・まさか停電で北陸新幹線が止まるとは誰も予想していませんでした。6時間かかったようです。ドンマイ。

2018.12.8埼玉自然動物園

2018.12.23福山雅治ライブ 野郎夜

何を隠そう、私は福山雅治のファンです。

BROSS(ファンクラブ)の会員である会社の上司の嬉しいお誘い。同伴チケットにより前の方の席で間近で福山雅治を見ることができて大満足。

私は小学生くらいから福山雅治のCDやラジオを聞いて、結構古い曲も知っているつもりでした。今回のライブは「埋れ歌」がテーマ。シングルのカップリングの曲とかマニヤックな曲とかも含まれていて、知らない曲だったのが悔しくて。でもとにかく良かった。

ましゃが、「じゃぁやってみようか?」と言って演奏する。歌やパフォーマンスもカッコいい。会場を巻き込んでいく一体感はたまらんです。


今度2月に発売予定のCDは、ライブのアンコールの最後に歌った曲(ダブルアンコール)を集めたアルバムとなるようです。つまり福山雅治のギター弾き語りの曲と一部MCが収録されている。

う~ん、欲しい、、、


単身赴任していると体調管理が杜撰になってしまうのか、この日、風邪を引いていて実は体調が悪かったのです。万が一気持ち悪くなったときのために、ポケットに袋を入れていました。今だから言えるがそれくらいやばかったんです。でも福山雅治のライブでアドレナリンが出たのか、めちゃくちゃ元気になって帰りました。

いや〜病は気からですね。

2019.1.5 夕焼けランニング(浦和)

埼玉はぴーかん。朝日や夕日が美しいこと。毎日ハッピーな感じ。晴れって最高!

WebやSNSで皆さんの雪山の様子を見ていると本当に虚しくなります。見なきゃいいのに見てしまう。なんで雪降らないの?と思ってしまう情緒不安定。山スキーしたいが仕方ないです。

金沢マラソンに当選していたのですが、資格試験と重なって試験の方を優先しました。マラソン走りたかったです。その試験には合格して国家資格を一つゲットしました。この勢いで来年も別の国家資格を狙います。何かを得るということは、何かを捨てなければならない。

神様が少し大人しくしなさいと言っているのかもしれない。そういうことにしよう。


この冬は細々と山に行く予定です(結局行くんかい!?(たまに行かないと逆におかしくなって死んでしまいそう))。