まずチェーンを洗浄する事にした。

 パークツールのサイクロンチェーンクリーニングシステムをamazonで買ったので使ってみた。ついでに洗浄液も。

 チェーンのクリーニングには普段から気を使っていたつもり。

 まぁ少し汚れているだろう、くらいに思っていた。いざこれを使ったら、汚れが落ちる落ちる。

こんなに?ってくらい洗浄液が真っ黒になった。

 ついでにスプロケットを外して一枚ずつ磨いた。10枚全部分解できるのかと思っていたけれど、インナー側は三枚で1つとなっていてそれ以上分解できなかった。それでもピカピカに出来たので満足している。チェーンとスプロケットをピカピカにしたら気持ちもスッキリした。プーリーとリア側は分解せずに通常のブラシのクリーニングで。


 チェーンクリーニングにしろ、スプロケットの脱着にしろ特に技術が必要とかは無く、難しいことはなかった。多分誰でもできる。オススメです!!


 それで早速試し乗りでチョイ乗り。いい感じ!な気がする。プールまで出かけた。

 埼玉県のプール事情だが、屋内の50mプールは無い。なので夏のプール季節以外は東京じゃないと50m長水路は泳げない(いつもは仕事帰りに東京の辰巳国際水泳場で練習している。金沢にも屋内50mできたから、埼玉にも作ってほしい。)

 7月になったので屋外の50mプールがオープンした。週末なのでそっちへ行ってみた。

 しかし、市民プールなので小学生や親子連れで超満員、受付に200人以上並んでいた。ウォータースライダーが超人気!芝政ワールドもビックリだろう。自分はそれより長水路で泳ぎたいのだが、こりゃ無理だぁ。夕方出直そう。

 というわけで、仕切り直して夕方にプールまで行った。帰りは走る作戦である。久しぶりに泳いだが、やっぱり現状維持どころかもう筋力が落ちて全然泳げなかった。1キロで腕上がらず、足は痙攣しそうなので、ギブアップ。現状維持は最低週1、レベル上げるには週2以上は必須だー。

 帰りはキロ5で30分走った。気温30度超えで、これ以上走ったら熱中症になると言うレベルだった。しかし同じようなことをやっている人が何人かいたので、いい刺激をもらった。

珠洲トライアスロンは近い。仕事も遊びも全力で頑張ろう。

 回し者ではありませんが。チェーンにセットして、洗浄液を注入して、ペダルを逆回転させて機器にチェーンを送っていくと、中のブラシでチェーンが綺麗に洗浄させるという仕組み。

 機器の底に磁石がセットされていて、金属片はそこに引き寄せられてチェーンに付着することがないようになっている。

 他にも洗浄液を工夫したり、スポンジ部分を使わなかったり?調べると色々と工夫の余地があるようです。あくまで個人的にメンテする用で、プロレベルを求める人は店に持っていくことをオススメします。 すでに使っている人は結構いるのかもしれない。

構造図は

 折角なので色々紹介します。素人の紹介なので、参考までに。

 スプロケット外しは、専用の工具なので、使用頻度は少ないかもしれないが、自分でスプロケを清掃すると間違いなく愛着が湧くと思うので、持っておいて損はないと思います。

 この工具さえあれば誰でも外せます。使い方はYouTubuでもネット検索でもなんでも出て来ますので。

 外して磨いて戻すだけなら微調整とかも要らないので、通常のメンテナンスの延長だと思っていいと思います。

 最後に、パークツールと言えば、スーパーパッチです。パンク修理のパッチで、ゴム糊がいらないタイプです。穴さえ見つかれば貼り付けるだけ完了。非常にコンパクトになっているので、ツーリングでの応急処置程度ならかなり使えると思います。

 自分はツールボックスに入れているし、ストックもしています。

 さらにフレームの保護にも使えます。ブレーキワイヤーやシフトワイヤーがフレームと刷れる部分がハンドル周りに必ずあると思います。ここにこのシールを貼っておけばフレームは擦り傷になりません。透明なので目立たないからオススメです。

スプロケットが綺麗になって嬉しい。

チェーンがピカピカ!