毎年のことだが年度末は繁忙期となり練習不足となるが、今年はそうなるまいとコツコツ練習していた。しかし人生思い通りにはいかず、思いがけない仕事が舞い込んできたり、豪雪が余計な仕事を増やしたりと、練習できない日が続いた。終いにはインフルエンザにかかってしまった。誰のせいでもない、自分のせいです。

 病み上がりというかまだ治っていないけれど、走れるだろうという何か変な自身があった。

 走ってみると、意外とインフルにかかる前に想定していたペース通りに走れた。kouさんとも楽しく走れた。気持ちい〜このまま行ける!と思った。

 がそれも20kmまで。最低でもチーム内では先頭でゴールしたいという密かな狙いは打ち砕かれ、皆に抜かされてしまった。練習をほとんどしてないという先輩にも抜かされた。練習量だけで言えば断然自分の方が積んでいるが、ついて行く体力はもうなく、ラスト10kmはもう走れないくらい体調が辛かった。甘かった。もう若さで乗り切るとか、貯金とか、ありません。自分はインフルエンザにかからないとか、楽観的というか、バカでした。

 体調管理も含めてその人のレベルの高さというものだろう。反省でした。もっと頑張りたいと思います。写真を撮影していただいたnomurunさん、ありがとうございました。