チームからゲンさん、kouさんが参戦している。スタート前にはマッハさんとコッシーさんが応援に駆けつけてくれた。ウィダーゼリーの差し入れに感謝です。


 ドラの音でスタート。昨年は膝が痛かったが、今年は絶好調だ。先頭集団はロード区間が早くてついていけない。第2集団に着いて行く。平泉寺手前でバラバラになった。

 前のオレンジシャツの男性に着いて行く。なんとも悔しいが得意の登り区間で徐々に離されていった。平泉寺三ノ宮に一瞬立ち止まって参拝。ここから登山道になる。

 前半はかなりの急登で超キツイ。振り返って自分の位置を確認するが、後ろは距離が空いているようで見えない。ゲンさんに追いつかれるか?と思ってヒヤヒヤした。スタート前のゲンさんは、育児という山を楽しんでいるようで、あまりレースへの闘志が感じられなかった。しかし常に後ろが気になった。それだけ勝ちたい勝負だ。ちなみに今まで公式なレースで勝ったことはない。

 中盤はゆるい勾配で走れる、というか、走らされる。走れる区間は休めないので心拍が一気に上がって呼吸が乱れる。この必死さ。これをたまにやらないと身体がうずく性分らしい。 途中に立派なナメコが3株ほどあった。もう秋の予感です。

 後半は登山道がヌルヌル・ネチャニチャで足元が滑ってペースが上がらない。なんとか走る。

 ついには前が見えなくなってひとり旅になった。感覚では相当なハイペースだと思っていたが前年とほとんど同じラップだった。法恩寺山で白山ドーン。元気をもらってラストスパート。もうゴール目前だ。

 そういえば終始、前の選手が全然千切れてこなかった。登山道に入ってから順位は全く変わってない。足はまだ行けそうだが呼吸がかなり辛い。最後は消化試合になったけれど結構楽しかった。10位でゴール。

 去年より1分ほど早くなった!後続はなんと高校生だった。

 1位とは10分ほど差が開いていた。10kmしかない工程でこの差はかなり大きく、おそらく歩いている区間は自分よりかなり少ないか、ほぼゼロだろうと推測。何れにしても早すぎる!!レース的に反省点は、順位争いに全く絡んでいないこと。トップ集団の眼中にもなかっただろう。悔しいわ。


 ゴール地点に水がないので、給水エリアまで来た道を戻る。ゲンさん、kouさんにも出会えた。今回はモチベーションの差でたまたま勝てたみたいですが・・・実力勝負ではまだ分からない。油断禁物ということで、 いい刺激ありがとうございました。


来週はトライアスロン珠洲、ガンバロー!!

MH.TRC

平泉寺を駆け上がる

ゲンさん

マッハさんとコッシーさんも後から登山

法恩寺山から白山を望む

写真:マッハさん提供