朝一番に練習すると清々しく気持ちがいい上に、1日を有効活用できるから非常にありがたい練習環境だと思う。感謝感謝です。


4:50集合して軽くコース確認、注意事項を周知して5:00から一人ずつスタートする。

 今日は濡れているから、どの靴で走ろう?なんて選択肢はなく、いつものスポルティバのウルトララプターしかない。もう穴空いて壊れそう。新しい練習靴買わないと。安くていいものを。

 最近思うところ周りのハイレベルの選手は1万円以下の結構安っぽいシューズを練習で履いているような。


 学生2名が先行してスタート。続いてゲンさんスタート。自分はゲンさんの2分後にスタート予定。しかしストップウォッチのボタンを押してなくて、だいたい2分後にスタートした。Maruiさんは自分のさらに2分後にスタートした。Maruiさんは学生に山やオリエンテーリングなど楽しいスポーツの普及にも努めているようで頭がさがる。

 今日は先頭ではないので蜘蛛の巣がなくて快適だ。虫除けスプレーしたけど虫はいなかった。滑りやすいのでいつもより集中して足を運ぶ。犀鶴林道合流地点手前で学生を追い越す。いつもの撮影スポットで写真を撮る。今は麦の穂が色づく季節で、手取平野に金色の圃場が点在していた。素晴らしい。

 ゲンさんに登りで追いつきたかったがダメだった。下りは転倒注意で慎重にいく。最後の九十九折でMaruiさんの鈴の音が聞こえて振り返るとすぐそこまできていた。先を譲り、後ろに付いて行こうとした。しかしついていけない。大腿筋がオーバーヒート気味でこれ以上のスピードに足が耐えられらい。重力に耐えながら降りるイメージ、これじゃダメなんだろう。体重が重いかな?筋力の問題かな?Maruiさんは下りで加速していると思う。

 そう、今日は雨模様なので登山者はゼロだった。その代わり別のトレランが3名いた。念のため下りは徐行して注意を払っていたが、杞憂に終わった。徐行になったというのが正解かもしれない。

 ゴール地点にゲンさん、Maruiさんが既に談話中だった。早いな〜みんな。いい刺激もらいました。感謝です。

スタート地点

撮影スポット

白山方角

雲の切れ間から射す光