笑顔のウィニングラン

 朝9:30チームメンバーが続々と集合し、なんだか嬉しくなる。

 プログラムを開くと耐久レースの参加チームは6チーム。え?少ない。その中に「がちランチーム」と言うのがあった。ガチンコで走るらしい。こちらも優勝狙いですから、真剣勝負ですね。

 応援にマッハさん、ミサゴさんが駆けつけてくれた。ミサゴさんがちょうど登場したところで雨が降ってきて寒くなってきた。いやぁ持ってますね。

 10:45ゲンさんを筆頭にスタート。赤いタスキを10人で回す。①ゲンさん、②ユウキさん、③NOZA、④ムロさん、⑤しょももさん、⑥やまさん、⑦Kouさん、⑧TKDさん、⑨ 女性ランナーマキさん、⑩コッシーさん、この順に走った。

 そのうちに雨は止んだ。1.9kmの周回とは言え襷リレーで走るとチーム結束力がさらに上がったような感じ。

 応援のミサゴさんもコースを試走して6’40で回った。それが自分の中で一つの基準となった。本気で頑張ってそれくらいだった。 ゲンさん兄弟はそれより10秒ほど早い。

 約2キロという距離は最後は無酸素状態になり足も呼吸もそれなりに追い込める。レースならではの緊張もあって面白い。 いい刺激もらいました。

 14:30になるとフルマラソンの部が終了し、耐久レースの部だけに。コースが閑散として寂しい。その頃チームは3サイクル終わり30周。ゲンさん4周目でもまだまだ早い!

 「がちランチーム」とは2周差まで開いていた。いいライバルでした。

 ほぼ1位は確信しているけれど手は緩めない。グルグル走るだけで脳がないように見えるが、いかに早く走るか意外と奥が深くて、誰でもできるわけではない。最後まで貪欲に徹底的にやるというのが走ることの面白さなのかなぁと思った。詰まるところこの真剣味が自分は好きだ。遅くてもいいから全力でやるとスッキリする。

 続いて弟ユウキさん、いや〜早い!すごい兄弟です。そして3分残し優勝を確定しゴール!

 バンザーイ!!やったー☆


14:42。さて、次は私の順番で。残り3分余っている。時間内にもう一周はまず不可能。しかし、お残しは許しまへんで~!ということで、カウントされないけれどもう一周行く(行くしかない)。

 耐久レースの参加チームとすれ違うたびに励ましあってガンバ!とかファイト!とかオツカレ!とか言って最終周を走った。チーム一丸を通り越して参加者一丸となった。

 1km地点で4時間タイムオーバーの放送が。いやいや気合でゴールまで行くし。レースが終わってもまだ応援があって嬉しかった。ゴール手前で皆がスタンバイしていてくれて、最後は全員でゴールした。

 みなさんお疲れ様でした。最高です。ありがとうございました。

利家とまつもびっくり、金沢城リレーマラソン 秋の陣!

魂の襷リレー コッシーさん→ゲンさん

爽やかに折り返し地点 しょももさん

記録証