ちょうど白山の山頂から太陽が昇るタイミングや、それが見れる場所はどうやったら分かる?


「日の出・日の入りマップ(URL→http://hinode.pics/)」という便利なツールを使わせてもらいました。


構図やテーマが決まっている、いわゆる写真家のスタイルではなく、

自分の場合は、ダイヤモンド白山が見られる場所に行くという、あくまで山ヤのスタイル。

今回はたまたまJP1166でした。

There are only two  ways to live your life. One is as though nothinig is a miracle.The other is as though everything is as miracle. (Albert Einstein)


訳:人生には、二つの道しかない。一つは奇跡などまったく存在しないかのように生きること。もう一つは、全てが奇跡であるかのように生きることだ。 (アインシュタイン)

左から、大汝峰、剣ヶ峰、御前峰。なだらかな稜線には白山室堂が見える。

太陽のエネルギーを感じる空

Dynafit Seven Summits

ライ麦パンのトーストに 大麦を使ったにんじんスープをかけて。小松市産。

デザートは絶景バナナ!

谷峠、護摩堂山、取立山、大長山(P1671)へと続く稜線。

加賀大日山(P1368)へと続く稜線。

稜線の林道

勝山は雲海の下

横谷左股源頭から

谷割れ危険

堰堤沿いに林道がある

やうやう白くないゆく山際、少し明かりて雲の細くなびきたる。

春はあけぼの。

待つ楽しみ

Rising Sun.